上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
第九話。
前回までのあらすじ:
新潟県は根知駅にたどり着いた一行であったが、理不尽なカードの引きとダイヤグラムに打ちのめされる。

強制乗換えカードっつって、どのみち、この先の糸魚川で乗換えることになるのです。
何にも面白くありませんし、今は何もすることがありません。退屈ってレベルじゃねぇぞ!

凍える寒さの駅舎で、昼寝を決め込むあばばばば。
その横で、ラノベの世界に現実逃避を図るりむ。ちょっと人生悟りそうになったよ。

雪の降りしきる中、一人元気に探索に出かけるいもぺろ。
根知駅の見所と名所について、彼に語ってもらうことにしよう。


はい、どうも。いもぺろです。

まぁなかなかないっすよね。1時間40分も電車待ちするのって。
そんなわけで、かるく雪が降る中、約1時間ほど根知という土地を散策してきました。
頼りにしたアイテムはEZナビウォーク。
現在地を確認・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何もねぇ・・・・。
コンビにすら1軒も。
すこし範囲を広げてみると、お寺と神社を確認。
まぁ、暇つぶしにはなるかなと好奇心に任せて行って見ました。

  
  <観光スポット① 飯縄神社>
飯縄神社

飯縄神社

根知駅から東のほうへ徒歩約15分。仁王堂橋を渡った先に鎮座しております。
ご覧の通り、本殿・拝殿・灯篭・鳥居の他は何もございません。由緒書もないので、御祭神も分らんのですよ。でも、こういう山に佇む小さな神社って何だか雰囲気があっていいとおもいませんか?



  <観光スポット② 史跡 根知城跡>
国道148号の「根知谷入口」から県道225号へ入り、根小屋集落に登山道の案内板がある。姫川が西側を、根知川が北側から東側を流れており、この両川はあたかも水を蓄えた堀のように集落を守っているようにも見える。
その背後にそびえる山頂・中腹を生かして築かれた戦国時代の典型的な山城の根知城は、「根小屋城」を中心に、標高525mの城山頂上に詰の城「上城山城」、標高100mの栗山に「栗山城」を配した大城塞である。
上杉謙信が信濃からの武田勢の侵攻に備えて春日山上の支城として築いたといわれている。永禄八年(1565)葛尾城より逃避してきた村上義清を城主に定めている。謙信は永禄十一年以降、幾たびかに亘って根知城の警備を厳重にするようにとの文書を発給している。謙信は信玄が北信濃から松本街道を通って越後に侵攻してくることを恐れた。
村上義清の死後、仁科盛信、西方房家などが入城し、堀氏が春日山城の主となった慶長三年(1598)には、堀備中守清重が城主となっている。根知城に入った堀清重は、慶長4年(1599)の上杉遺民一揆の際に根知城を廃し、慶長6年(1601)には糸魚川市一の宮に清崎城を築いたと言われている。
                                      オフィシャルサイトより引用

登山道の入り口までしか行かなかったのですが、根知城というものがあったらしいっすね。あんないまは何もないとこに城ですよ!すげぇ!!しかも上杉さんらしいじゃないですか。背景については全然知らないんですがなにかロマンを感じます。
根知城跡
↑この山の中に建っていたみたいです。

その他お寺を2つほど外から拝見しましたが、割愛します。

  <おまけ>
ドラえもん

とある公園におはしましたドラえもん像です。なぜここに?若干似ていないような気も・・・


今回ご紹介する根知の観光スポットは以上です。他にも、信濃国に塩を運んだと言われる糸魚川~松本を結ぶ「塩の道」というものが通っているらしいです。
いやぁ、意外に見るものってあるもんなんですね。楽しかったです。
あなたも根知にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。
スポンサーサイト

2008.01.13 Sun l リアル桃鉄 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

ビタクラフトのお鍋
ビタクラフトの検索サイト。テキサス、レシピ、フライパン、ニューヨーク、ダラスなどビタクラフトに関する各種情報をお届けしています。 http://mayhap.tallmadgetitans.com/
2008.08.30 Sat l . URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gmehler.blog90.fc2.com/tb.php/70-97af0a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。