上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
第六話。
湯田中駅


長野電鉄の終点、湯田中(ゆだなか)駅。

金は散るは、飯は食えないは、もう四人とも気張る元気もありません。
あたりはもう薄暗くなり始めており、先行きが何とも不安で仕方ありません。
果たして草津行きバスはまだあるんでしょうか。とても嫌な予感がします。

バス窓口の路線図を確認すると、路線そのものは、草津までちゃんと繋がっているようです。
窓口のガラスの向こうにどっぷりと構えている受付嬢に、おそるおそるりむが尋ねます。
「あの、バスで草津まで行きたいんですけど、今日はまだバスはありますか?」
「行けませんよ」
やっぱり、こんな田舎くんだりで足止めかよ、と落胆する一同。
しかし、まあおおよその覚悟は出来ていました。こうなったら野宿でも何でもござれ。
幸い、駅前にはコンビニだの立寄り温泉だのといった施設もあるようです。

気を取り直して、りむが尋ねます。
「明日何時に出ますか?」
「いやそうじゃなくて、バスでは行けないんです」

え。

「え、でも路線図は繋がってますよね」
事態が飲込めず、りむが食い下がります。
「ええ。でも、この時期は雪で道路自体が閉鎖されるんです」
そして受付嬢は、微笑みながらこう言い足したのでした。
「あ、ちなみにスキーでなら行けますよ」

あぁ?ひょっとしてそれはギャグで言っているのか?

嬢の笑えない提案を無言で受け流すと、一行は肩をがっくりと落として、
湯の街の夕闇の中へ消えていくのでした。


この珍ハプニングによってかなり精神的にダメージを負った一行は、
「もう長野から再出発でいんじゃね?」
という結論にいたりました。
ここで宿とってもなんだし、もう長野に帰ってゆっくりやすもうぜ、
ってゆーわけです。もう擦り切れそうです、へとへとです。

とりあえずローソンでちょいと腹ごしらえをして、
駅に併設されてる温泉でひとっぷろ浸かってから長野に戻ることにしました。
せっかくこんな辺鄙なところまで来て、ただで帰るのも癪だもんね。
かえで温泉


楓の湯は近所の人たちもよく通ってるんでしょうか、なかなかの賑わいをみせておりました。露天あり、建物の前には足湯もありで至れり尽くせりです。
湯田中へおこしの際はぜひ一度お立ち寄りくださいませ。
おそらくもう2度とこないことになると思うがね。

温泉であたたまった4人は特急を使ってそのまま来た道をただただ長野へ向かって帰ります。
見てはいけないものをみてしまった。
長野駅から湯田中までの往復乗車券と楓の湯の入館料のセットで1500円の日帰りクーポンなるものが存在した様子。
こちとら長野~湯田中往復(こきざみ)+入浴で3000円ちかく使ったんすけど・・・
なんだこれ。
最初からそのつもりならよかったんだが、神様も意地が悪いですのぅ。

帰りの特急はもはや覚えていません。はい、ねてましたとも。

長野に再び帰還してから、定食やで晩飯をいただきました。
これが何ともアットホームな感じのところで、学生やら家族連れやらでけっこう混んでました。
本郷の注文したジャンボチキンカツ定食のでかいことでかいこと。
写真がないのが残念ですが、皿から両端がはみ出るぐらいだったんす。
くいしんぼう本郷くんはこれをわき目も振らずにたいらげ、さらにはりむの残り物もいただきました。あんだけ成長するのにはわけがあるんだねぇ。
横断歩道
↑長野のめっちゃ幅広い横断歩道


その後、例のごとく街をぶらつきつつゲーセン探し。交番にお世話になり、2駅分ほど歩いて権堂駅ちかくのゲーセンにたどり着きました。映画館もくっついてるかなり新しめの綺麗なとこでした。しかし客がほとんどおらず貸しきり状態。ゆっくりQMA楽しめました。
おっと本郷くん、便所で彼女に電話するのはやめようね。なに?あ、大のついでだったんすか。せば、いたしかたなす。

今日はお金をかなり消費したので、節約もかねて満喫に泊まることにしました。あ、でもゲーセンのかえりにラーメン食ったっけ。。。

あしたこそ、あしたこそ不自由なく飯を食わせてくれ・・・
期待2割あきらめ8割ぐらいな感じで、今日の旅を終えました。

次回、吹雪と荒波の果てに。乞うご期待。。。
スポンサーサイト

2008.01.13 Sun l 日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

皿ねじ 皿うどん
皿の検索サイト。お皿、製氷、銀の皿、グラタン皿、カレーなど皿に関する各種情報をお届けしています。 http://haplology4.hartmerrell.com/
2008.09.02 Tue l . URL l 編集
インナー・下着・ナイトウエア
インナー・下着・ナイトウエアを探すなら http://www.karakustr.com/100433/
2008.09.21 Sun l . URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gmehler.blog90.fc2.com/tb.php/67-804ad6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。